ヤフーカードと楽天カードを迷ってヤフーカードにした私の理由

「ヤフーカードと楽天カードのどっちを申し込もうかな?」

どちらも入会金・年会費永年無料で、入会ポイントも豪華なカードなので、どちらを作るか迷われる方が多いです。

私は個人的にはどっちも申し込んじゃえばいいじゃんと思うのですが、なかなかそうも行かない理由も色々ありますよね?

そんな中で楽天カードではなく、ヤフーカード作ったAさんにお話を伺ったところ、決め手はTポイントの利便性だったそうです。

 

初めは楽天カードを作る予定だった

ヤフーカードと楽天カードを迷ったのですが、最終的にヤフーカードにしました。

どちらも甲乙つけがたかったのですが、自分の使い方ならYahoo! JAPANカードの方が利点が大きいとわかったのでこちらにしたのです。

私は通販は大体楽天を使っています。Yahoo!ショッピングをほとんど使っていはいませんでした。なので、通販の利用だけだったら、ヤフーよりも楽天のほうが頻度が高かったので最初はこのことから楽天カードにしようかなと考えていました。

 

気づいてしまった「私、そんなに楽天を使っていない」

しかし、冷静になって一度考えて見ました。私は普段どんなものをネットで買っているんだろうと。

すると、楽天は確かに使用頻度は比較的の高かったのですが、I Love 楽天というわけではなく、様々なネットショッピングサイトを使っているというに気づきました。

通販をするなら楽天と決まっているわけではなく、ZOZOTOWNやフリマサイトなど、またファッション雑誌に載っている化粧品の通販サイトなど、結構いろいろなところを利用していたのです。

だったら、別に楽天ポイントにこだわる必要はなさそうだと気づきました。

 

楽天カードとヤフーカードの違い、それはたまるポイント

そこで、それ以外の部分を細く比べてみることにしたわけですが、どちらも年会費無料ですし還元率も同じぐらいで決定的な差が見えてきませんでした。

そうなると最初に考えたとおり楽天の使用頻度で、楽天カードにしようかなと気持ちが傾いていたのですがその時にTポイントのことを考えると圧倒的にYahoo! JAPANカードのほうが有利ではと思い始めたのです。

なんでこんな単純なことにすぐに気付かなかったのだろうのかと不思議だったのですが、基本的に楽天市場でしか使うことができない楽天ポイントよりもTポイントのほうがずっと使いやすく便利ではないかと考えたのです。

実際には楽天ポイントも実店舗で使うことができるようでしたが、そちらはなんだか手続きが面倒そうで使いづらそうだなと思ってしまいました。

一方でTポイントはすでに使っていて使い方や貯め方もわかっていますし、Yahoo! JAPANカードを作ればそちらにポイントを移行することができるということがわかりそれだったら今あるものも無駄にならずに済みそうだと考え、ここで完全にヤフーカードに気持ちが傾いたのです。

そして、最終的にはYahoo! JAPANカードを作ることにしたのですが、結果的にはこれは正解でした。

実際に使ってみると考えていたよりも便利なものでしたし、ポイントもよく貯まりしかも使いやすいのでとても便利だと感じたのです。

Tポイントが使える場所というのは実感として多いものであり、どこでも貯まったものを消費することができるというのはかなり便利なものでポイントの種類の差は大きいと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です