ヤフーカードのETCカードは年会費は500円絶対にかかる!無料にする裏技とは?

こんにちは!「ヤフーカードマン!」こと、ヤフーカードマニアのはるきです。

ヤフーカードいいですよね!(「ヤフーカード」と言った方が知名度は高いのでしょうか?)

Yahoo!ショッピングで利用するとポイントが3倍。ソフトバンクユーザーのポイント10倍特典や、Yahoo!ショッピング独自特典と色々組み合わせるとポイントがあっという間にたまります。

僕は1万ポイントをサクッと貯めてしまったので、商品券に交換しました。(貯まったポイントの大半が期間固定ポイントだったので)

ただ、そんなヤフーカードにも弱点があります。それこそがETCカードの年会費(税抜:500円)。

ライバルとなる楽天カードには、ダイアモンド会員以上はETCカードの年会費が無料になる特典があるのに、ヤフーカードにはETCカードが無料になる取り組みは一切ありません。

走った分もTポイントたまるしいいじゃん!と思うかもしれませんが、500円のポイントを貯めるには、50000円分も高速道路を利用しなければなりません。しかも、それでやっとETCカードの年会費をペイできるレベルです。ヤフーカード(ヤフーカード)は年会費無料でポイントがたまりまくるカードだからこそいいカードなのに、年会費を払うのってなんか勿体無いですよね?

 

年会費無料の無料のETCカードを別に作ろう!

じゃあどうすれば良いかというと、答えは簡単。年会費が無料のETCカードを作れば良いだけです。

ちなみにETCカード単体というものはなかなか存在せず、クレジットカードを新たに1枚申し込んで、その上で付帯するETCカードを申し込むことになります。

しかし、ただ単に年会費無料のクレジットカードを申し込むと後々面倒くさいことになります。申し込むのであれば、締め日・支払日がヤフーカードと同一日であるものを選びましょう。

 

なぜ、締め日・支払日がヤフーカードと同一のものが良いのか?

あなたは今まで、カードの引き落としがあるのに、銀行口座にお金が入っていなかった!そうでなくとも、前日にカードの引き落としにギリギリ気づいて、他の口座からお金を移動させた。なんて経験ありませんか?(僕はよくあります)

特にカードの支払日が2回以上あると、家計の管理が大変です。口座にお金が入っているかどうか確認するのも一手間以上ですし、しょっちゅうカードの引き落としがされている感じがして、いい気分はしません。(体験談)

また、ETCカードは財布からカードを取り出す訳ではなく、車で通過するものです。すると、あまりお金を払っている実感が湧かず、カードを利用したことを忘れがちな傾向にあります。それで、普段利用しているヤフーカードとは支払日が別の日のカードを利用したらうっかり口座のお金が足りない。なんてことになりそうです。

その一方、ヤフーカードと締め日・引き落とし日が同じであるなら、ヤフーカードとは別に申し込んだETCカードの利用分を確認したり、口座に入れるべき資金も把握しやすいですよね?

家計の管理もしやすいし、口座への入金漏れも防げるので、ヤフーカードと同じ締め日・支払日のETCカードを申し込むのがおすすめです。

ヤフーカードの特徴
年会費 永年無料
発行手数料 無料
ETCカード 年会費500円(税抜)
ポイント還元率 1%
たまるポイント Tポイント
家族カード 年会費無料
ブランド VISA/MasterCard/JCB
締め日 月末
引き落とし日 毎月27日
(土日祝日の場合は翌営業日)

>>ヤフーカードの詳細はこちら(公式サイト)

 

ヤフーカードとセットにおすすめ!年会費無料ETCカード

エポスカード

 

エポスカードの特徴
年会費 永年無料
発行手数料 無料
ETCカード 永年無料
ポイント還元率 0.5%
たまるポイント エポスポイント
家族カード なし
ブランド VISA
締め日 27日/4日
引き落とし日 27日/4日
(土日祝日の場合は翌営業日)

 

エポスカードは全国のマルイカウンターで即日発行が可能で、年会費も永年無料の人気なクレジットカードです。

エポスカード自体は即日発行可能ですが、エポスカードのETCカードは申し込みから1週間程度で郵送されるので注意してください。

海外旅行保険が自動付帯されたり、シダックスやビックエコーなどのカラオケで割引が受けられるなど、持っているだけでメリットがあります。

エポスカードの締め日は27日と、ヤフーカードの月末とはちょっとずれてしまいますが、引き落とし日がヤフーカードと一緒なのでお金の管理はしやすいでしょう。

 

セディナカード Jiyu!da!

セディナカード の特徴
年会費 永年無料
発行手数料 無料
※ETCカードの発行は1000円
ETCカード 無料
ポイント還元率 0.5%
たまるポイント わくわくポイント
家族カード 年会費無料
ブランド VISA/MasterCard/JCB
締め日 月末
引き落とし日 毎月27日
(土日祝日の場合は翌営業日)

※記載されたサービスは2018年8月現在のものです。詳細はセディナカードJiyu!da!公式サイトでご確認ください。

セディナカードは、SMBC(三井住友)グループが展開する年会費無料のクレジットカードです。

通常の還元率は0.5%ですが、全国のセブンイレブン、ダイエー、イオン等での利用は1.5%にアップします。

リボ払い専用カードですが、毎月の設定支払額以下であれば手数料もかからないので安心です。

ETCカードの発行手数料は1000円かかってしまいますが、年会費は無料。ETCカードの利用も1.5%還元なのでお得なカードです。

 

出光ETCカードまいどプラス

こちらの主な特徴としては出光SSでリッターあたり2円のガソリンの値引きを行ってくれるというものがあります。

車に乗られる方にとっては非常に嬉しい特典と言えるでしょう。

さらに24時間・365日対応のロードサービスに年会費810円で加入できるというメリットもあります。

また西友・リヴィン・サニーでお買い物をする際には、5日・20日は5%オフとしてくれるというものもあります。

しかし西友でのお買い物の場合には、上記のものに加えて毎日3%オフという特典のついた、西友ウォルマートカードがよりお得になります。

 

オリコカードザポイント

次に紹介するのはオリコカード・ザ・ポイントです。

ポイント還元率は1%というのがこちらのカードの特徴です。

また入会から半年間はポイントが2倍になるので、この期間の利用をオリコカード・ザ・ポイントにしても良いでしょう。

一般的には0.5%というのが相場なので、こちらはショッピングの多い方にとっては嬉しいカードです。

またオリコモールという500以上の加盟店を抱えるサイトを経由することで0.5ポイントもらえるというメリットがあります。

 

ライフカード

またライフカードもETCカードの年会費が無料のカードです。

こちらの際立った特徴として、誕生日月にポイントが5倍となるというものがあります。

誕生日月のために持っているという方も多いこちらのカードですが、実は年間利用額によってはポイント還元率が1%まで上昇するという隠れた特徴もあります。

 

セゾンカードインターナショナル

セゾンカードインターナショナルは、永久不滅ポイントであるというのが嬉しい点です。

また交換対象も多岐にわたるので、「ポイントがたまっていても使いどころがない」ということはこちらのクレジットカードではありません。

またセゾンカウンターでは即日カードを発行できるというのも良いサービスだと言われています。

加えて出光ETCカードまいどプラスと同様に西友・リヴィン・サニーでお買い物をする際には、5日・20日は5%オフとしてくれるという特典もあります。

 

JMBローソンPontaカードVISA

JMBローソンPontaカードVISAの特徴は、何と言ってもローソンでのお買い物に対してのポイント還元率の高さでしょう。

通常時であっても実に2~3%たまるカードいうのはなかなかありません。

またnanacoチャージでもポイントが貯まるというのも嬉しい点です。

公共料金の支払いなどでもポイントを貯めることができるからです。

なおPontaポイントはリクルートポイントやJALマイルとの相互交換も可能になっています。

 

JCB EIT

JCB EITカードの場合はマイル還元率が6マイルあたり1000円と非常に高いというものです。

また海外旅行保険の最高額は2000万円となっており、海外旅行によく行かれる方にはオススメしたいクレジットカードとなっています。

なおこちらはリボ払い専用カードなので、カードが届いたら毎月全額払いに設定して一括払いに変更するのをオススメします。

 

ファミマTカード

ファミマTカードはファミリーマートでのお買い物において、最高で4.5%という非常に高いポイント還元率を誇ります。

またファミリーマートでの対象商品値引きも常に行われているので、こちらを享受できるのもありがたい点です。

注意しなければならない点は、「ずっと全額払い」という設定にしておかなければ自動的にリボ払いになってしまうという点です。

現在お持ちの方でなぜかリボ払いになっているという方は、一度確認してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です