ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)とTカードプラスを比較!切り替えるメリットはある?

こんにちは!ヤフーカードマニアのはるきです。

「新しく年会費無料でTポイント一体型のヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)が出たけど、Tカードプラスから切り替えた方が良いんだろうか?」

このように悩んでいるあなたは、今すぐにでもヤフーカードも作ったほうがいいですよ!

TSUTAYAをよく利用している方の中には、TSUTAYAが発行しているクレジットカード機能付きの「Tカードプラス」を利用している人もたくさんいると思います。

 

Tカードプラスには

  • 年会費無料(次年度以降も一度でも利用があれば無料)
  • ツタヤでのレンタル会員の更新が不要
  • ツタヤで使うとザクザクポイントがたまる(最大6倍、還元率3%)

というメリットがあります。

クレジットカード機能がついていないTカードの場合、年に1回更新をしなければいけないため、TSUTAYAに行ったら有効期限が切れていたというようなケースも珍しくありませんが、Tカードプラスはレンタル機能の更新が必要ないため、そのような手間や面倒を省くことができます。

またそれだけではなく、Tカードプラスは通常のTカード同様に加盟店で利用すれば200円につき1ポイントがつきますし、TSUTAYAを利用すれば来店ポイントの付与や1000円以上の利用でクレジットポイントが2倍というような特典がついてきます。

また、誕生日月は何度でもレンタル料金が半額になったりと、TSUTAYAを利用する機会が多い人にとっては嬉しい特典もあるうえで、年会費も無料という魅力的なカードとなっています。

実店舗でも加入を勧められることが多いことから利用者も多いTカードプラスですが、同じようにTポイント機能がついていて、さらに特典も豊富なクレジットカードとして昨今、注目を浴びているのがYahoo! JAPANカード(ヤフーカード)です。

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)とは?

2015年にリニューアルし、僕も愛用しているYahoo! JAPANカード

正式名称は【Yahoo! JAPANカード】。通称ヤフーカード。

2015年にこれまでのYahoo! JAPANカードをリニューアルして、Tカードとポイント高還元率カードを一体化させた独自のクレジットカードです。

2013年にサービス終了したリニューアル前のYahoo! JAPANカード

リニューアル前のYahoo! JAPANカードと違って、Tカードと一体型したことからポイントの貯めやすさや利便性が大幅にアップしました。

年会費永年無料、1%という高還元率、利用先の多いTポイント、Yahoo!ショッピングやLOHACOで常にポイント3倍などTポイントをザクザク貯めることができる人気のカードです。

 

まずクレジットカード機能を使わなくてもTカードプラスと同様にTポイント加盟店で提示するだけでポイントを貯めることができるのは大きな魅力ですし、年会費が無料であることやカードブランドをVISA、MASTER、JCBの3つから選択することができる利便性の高さも魅力です。

しかし、ここまではTカードプラスと比較して、それほど大きな違いとはいえないでしょう。

では、ヤフーカード独自の魅力とはなんなのかというと、当然、Yahoo! JAPANに関わってくるサービスの利用でついてくるポイント還元率の高さです。

例えば、ヤフーショッピングやLOHACOでカードを利用した場合、通常よりもポイント還元率が3倍になりますし、頻繁に行われる特典中などはさらにポイント還元率がアップされます。

またヤフオクユーザーであれば、面倒な本人確認の手間を省くことができるという特典もあるのです。

その他、大きなメリットとして挙げられるのがコンビニでの利用時です。

通常、Tポイントはファミリーマートと提携しているため、他のコンビニで使うことはできません。

しかし、ヤフーカードに関しては、セブンイレブンのポイントであるnanacoへのポイントチャージに対応しています。チャージをしておけばnanacoポイントとTポイントの二重取りをすることが可能です。(全ブランドOK)

これによってTポイント加盟店だけではなく、nanacoポイント加盟店でも効率よくポイントを貯められるため、かなり広い範囲で利用することができるというメリットがあるのです。

コンビニで公共料金などの支払いをカードでしているという人にとっては、さらにポイントが2倍という特典もついてきます。

このようなことから実店舗利用でもネットサービス利用でもポイントをどんどん貯めていくことができる魅力的なカードなのです。

貯めたポイントはもちろんTポイント加盟店で利用することができますし、ポイントサイトなどのポイントへ交換して現金化することも可能です。特にSuicaなどは交換レートも低く、交通機関を頻繁に利用するのであればお得といえます。

このようにTカードプラスとヤフーカードには同じTポイントが貯まるカードであっても、利用した際のポイントの付与率や使い勝手に大きな違いがあるといえるのです。

 

どちらが良いかは自分のライフスタイルを考えましょう

そのため、カードの切り替えを検討しているのであれば、こうした違いを比較して、自分のカード利用方法ではどちらのカードが得になるのかという点を考慮しなければいけません。

ただ基本的にはポイントの貯めやすさや特典の多さ、利便性といった面でTカードプラスよりもヤフーカードに軍配があがるため、Tカードプラスを利用している場合は切り替えた方がメリットが大きいといえます。

しかし、その一方でヤフーのサービスやネット通販をほとんど利用しない、Tカードプラスの利用はほとんどTSUTAYAだけというような利用方法の方であれば、TカードプラスにはTSUTAYAのヘビーユーザーに嬉しい誕生日月のレンタル料金半額という大きなメリットがありますので、わざわざ切り替える必要はないといえるのです。

カードの切り替えで大切なことは多くの人にとってメリットがあったとしても、自分の利用方法ではどうなのかということを考えることなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です