ヤフーカードとYahoo! JAPANカードSuicaを比較

日本には、便利なカードがたくさんあります。

有名企業のカードで有名なものに、Yahoo! JAPANカードSuicaとヤフーカードがあります。

 

Yahoo! JAPANカードSuicaはスイカ内蔵が魅力だった(発行終了)

Yahoo! JAPANカードSuicaは、Suicaが使えることが大きな魅力でした。

SuicaのICチップが内蔵されているので、首都圏の私鉄や地下鉄、バスで利用できるのです。

自動改札機の読み取り部分にタッチするだけで通過でき、とても便利なカードとして知られていました。

また、Tポイントも獲得でき、カードの利用代金に応じて、100円につきTポイントが1ポイント獲得できるのです。

Tポイントは、1ポイントを1円として、Yahoo! JAPANや提携先での商品の購入や、サービス利用料の支払いに使うことができます。

最新の残高については、ポイント通帳で確認します。

Tポイントには、仮のポイントと利用可能ポイントがあります。

利用可能になるまで、一定期間が必要になるポイントが、仮ポイントで、仮ポイントは利用可能ポイントになるまで使うことはできません。

利用可能ポイントは、Tポイントの利用が可能なポイントです。

Tポイントには、通常のポイントだけでなく、期間固定ポイントもあります。

通常のポイントは、ポイントを獲得した次の月の1日から1年間ポイントの獲得がない場合、ポイントが失効します。

入会特典ごとにポイントの有効期限が決められている期間固定ポイントは、有効期限が過ぎると、利用することができなくなるので、注意が必要です。

期間固定ポイントの有効期限は、入会特典により異なっています。

最短の有効期限については、ポイント通帳の明細で確認することができます。

カードの年会費は永年無料で、ショッピング保険と旅行傷害保険も付いていました。

また、ネットセーフティサービスにより、第三者の不正利用によって損害が生じた場合は、損害を補償してくれます。

ただ、Yahoo! JAPANカードSuicaは、現在はサービスが終了となってしまい、更新カードの発行も、2015年の7月に停止しています。

 

ヤフーが発行するヤフーカードは非常に便利

現在のYahoo! JAPANのカードは、ヤフーカードとなりYahoo! JAPANカードSuicaと比較すると、ますます便利になっています。

カードを使ってYahoo!ショッピングを利用すると、Tポイントが毎日3倍も貯まるのです。

パソコンでもスマートフォンでも利用できます。

ショッピングガード保険が付いているので、カードの破損や盗難などによって損害が出てしまった場合でも安心です。

インターネットオークションは、日本でも非常に人気が高く、年齢を問わず多くの人が利用しています。

インターネットオークションとしては日本最大級のオークションも、Yahoo! JAPANカードがあれば、お得に使うことができるのです。

新品でも中古品でも、カードで落札代金を支払った商品は、補償の対象になります。

日本では、公共料金などをカードで支払っている人が多いです。

毎月の支出をYahoo! JAPANカードで支払えば、Tポイント100円につき1ポイントを貯めることができます。

利用代金は、利用明細に記載されるので、毎月の支払いを簡単に管理することが可能なのです。

ふるさと納税、自動車税、固定資産税も、クレジットカードで支払うことができます。

ふるさと納税とは、自分が生まれた地域などに寄付をした時に、寄付金に応じて所得税と住民税から一定の控除を受けることができる制度です。

Yahoo! JAPANカードは、海外へ行って買い物する場合でも、便利に使うことができます。

支払いは、1回払いかリボルビング払いになります。

指定しない場合は、1回払いになり、自動リボに登録している場合は、リボルビング払いになります。

リボ利用可能枠を超過した時は、翌月の1回払いになります。

海外でカードを使って買い物をする場合は、購入する商品をチェックして、支払いを行う場合は、金額をしっかりと確認することが大事です。

商品を購入した時のレシートは、利用代金請求明細を確認するまで、大切に保管しておくことが大切です。

支払いは、インターネットを利用すれば、24時間いつでも支払うことができ、とても便利です。

また、Tポイントでの支払いも可能となっています。

毎月490円で、プラチナ補償も利用することができます。

プラチナ補償は、カードで購入した商品に関連して何かトラブルが起きた時に、Yahoo! JAPANが補償金を支払ってくれるサービスです。

18種類の保証があるのは、プラチナ補償だけです。

プラチナ補償は、ウェブから簡単に申し込むことができ、すぐに保証が適用されます。

トラブルが起こった場合は、まず補償金の申請をします。

補償金の申請後、審査が行われ、補償金の支払いが確定した時は、対象になる補償金が支払われます。

審査の結果は、メールで知らせてくれます。

プラチナ補償は、初回の申し込みに限り、初月無料となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です